無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

« やっぱり弾丸ツアー その3 | トップページ | お握り弁当 »

2016年1月28日 (木)

やっぱり弾丸ツアー その4

高知と言えば「お客」です☆

いわゆる宴会のことなんですが
昔の事であれば親族のみならず地域の方々(特に役付きだったりしたら)も
集まって
飲むわ食べるわ飲むわ(飲む方が多い(≧▽≦))

祖父の場合ですが
例えば午後3時ごろから法要が始まって
4時に終わったとしましょう

そこから14畳ほどの部屋(8畳と6畳を開放)の
祭壇前に長いテーブルが6台を2列に配置
テーブルには皿鉢料理がずらり

法要に来たお客様や手伝いの親族も含め
50名ほどでにぎわいます

女性陣は主に台所を中心に
動くのでゆっくりとは座れませんが
それでも飲み食いしながらてきぱきと
お客を取り仕切ります( ̄▽ ̄)


夜10時過ぎるまで飲み続けた男性陣は
ほぼほぼ酔っぱらってお帰りになります(*≧m≦*)



ご近所さまは徒歩で帰宅
遠方の方はお泊りかタクシー、
お車の場合は大体奥様が運転していかれます(運転するお奥様は飲みません)


祖父や親族の法要でお客に参加するのは
子供心にも
楽しい思い出でした





今回はごくごく内輪で済ませたのですが
それでもこんな感じで皿鉢料理(刺身1皿含む4皿)が用意されてました☆

160121_123415 160121_123326

あ・・・仏様の御膳は精進でしたが
こちらは全然違います(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

写真には見切れてしまってますが
サバ寿司が絶品でした♪

親族だけの気安さから
話題はその場にいない親族の話に・・・


うちは何故か女性の方が早くに亡くなっていることがあり
おじいさん・おじさんと言われる年代の男性の
愚痴大会となってしまい
これはこれでなかなか辛いものがありましたが・・・



お腹も満足したところで
とある出席者が席を立つと
私たちもそろそろお暇しますということになり

テーブルにはたくさんの料理が残っています


「叔母ちゃんもらって帰ったら?
〇〇(従妹)ちゃんやお孫さんに」

いつもは遠慮する叔母ですが
サバ寿司が気にいっていたようで

「じゃあ・・・」
と、父に大きめのタッパーをもらい
詰めていきます
叔母が遠慮がちに詰めるのを見ていた
私と従兄は叔母からタッパーを奪うと
あれもこれもと詰めてようやく蓋が締まるほどでした

再び叔母夫婦の車に乗り今度は
岡山駅まで乗せていってもらいました


往きにはぎこちなかった会話も
帰りにはあれこれと弾んで
とても楽しいドライブになりました

岡山駅から新幹線に
自由席も混雑していたので
デッキに立って小説を読みながら
5時過ぎには新大阪に到着



ここで最後のトラブルが!

岡山から新大阪までの切符しか買ってなかった私
乗り継ぎはどうしたらいいんだろう?と
新幹線の改札内を歩いていた駅員さんに尋ねました

まだ若い彼は

「このままここを通って下さい
切符が出てきますので
降りる駅で精算して下さい」

?ここまでの切符なのに大丈夫なのか?
そのまま徴収されちゃうんじゃないの?

不安になった私は
もう一度確認したのですが
「それでいいんですか?ここまで(新大阪)の切符なんですけど・・・」

駅員さんは少しいらいらした口調で
物わかりの悪い田舎のおばはんに言い聞かせるように

「ですから!切符は出てきますから
それを下りる駅で精算して下さい!!」

ああ そうですか・・・

疑いつつ
改札へ

機械には

「切符が出てきますから取り忘れないように」

との注意書きが

あ!そうか!!
新幹線の切符だけはここで徴収されるけど
乗車券は出てくるんだ♪

納得して改札を抜けると
お腹がすいたようなすいてないような
新大阪の駅中は昨年新しくなり
飲食店や土産物店も充実してます


そういえばこれから新幹線に乗る人が
5○1の紙袋をたくさん持ってたなぁ・・・

急に食べたくなって
某有名〇〇おじさんのチーズケーキを買い
自転車を置いてある駅まで戻ります
精算機に乗車券を入れると
180円不足と表示が・・・

「結局新大阪から普通に料金払うだけやないの・・・」

ブツブツ言いながら帰宅

「ただいま~♪」

「あれ?早くない??@@;」

息子がびっくりしてました

そりゃあそうですよね
いつもなら帰宅するのは深夜でしたから


叔母に到着した旨とお礼をまずメールで送信すると
しばらくして電話がかかってきました

そこでもきちんとお礼を言って
弾丸ツアーはようやく終了☆



長々とお付き合いいただき
ありがとうございました♪

« やっぱり弾丸ツアー その3 | トップページ | お握り弁当 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

Linoさん
母1周忌、弾丸ツアー、
お疲れ様でしたcarbullettrainbicycle
高知県の料理は、
お鉢料理、おいしそうですgood
1人ずつのパック膳でないのが、
びっくりポン(^◇^)

新大阪から自転車で帰れるbicycle

姉が住んでいる、江坂のあたりかな?
姉は、お好み焼き屋(味幸)ですhappy01

おかえりなさ~~~い。という感じです。
お疲れさまでした。
皿鉢料理 いいですね。
惜しみなく振る舞い合う高知の気風が盛られているんですね。
大作の読み物でした。お母様も安堵されたことでしょう。
アトリエにも高知が実家のお母さんがいらっしゃいますが、真っすぐでエネルギッシュですよ。

皿鉢料理いいねぇ~sign01good
Linoちゃんの実家の方ではいまだに親族が大勢集まるんだねぇ...
なんか懐かしぃよぉ~confident
きらが中学生くらいまでだったかなぁ...
おふくろの実家に親族が大勢集まったのって...。
楽しかった思い出だなぁ~confident

弾丸ツアーお疲れでしたぁ~!
あのさぁ、今度は弾丸じゃなくて”のんびりツアー”で帰ったら?
どうよ?happy01

お疲れ様でしたhappy01
慣れない旅で疲労倍増でしたねsweat01
体調崩すのもよくわかります。
なんとか無事に行ってこれたのは
お母様が守ってくれたお蔭かもねconfident
う~ん、豪華なお料理heart04
美味そう~~~食べた~~いhappy02heart04

ちかよさんへ

お姉さま江坂の方なのですね
残念ながら私が住んでいるのは
もうすぐ尼崎という地域なので
少し離れてますね

高知ならではの大皿料理です☆
一度ご賞味いただきたいですが
4人以上で食べることをお勧めします^m^


トトロ先生へ

高知ならではの豪快なお料理です

高知の女性はハチキン(男性4人分の働きをする)といわれ
さっぱりした気性の方も多いですね


きらさんへ

祖父の法事の時代(今から30年前)は
本当に多くの方々がお見えになりましたが
今は費用のこともあり
ごく内内で済ませる方が多いようです

しばらくは弾丸ツアーだと思うな^^;

mitsumiyaさんへ

皿鉢料理は高知の代表的な大皿料理ですね
このお店の味付けはお客様の口に合ったのか
美味しいと言っていただいてました
(店によってはびみょ~なことも(◎_◎;))
大人数で高知に遊びに行く機会があったら
是非ご賞味あれ♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/598308/63132228

この記事へのトラックバック一覧です: やっぱり弾丸ツアー その4:

« やっぱり弾丸ツアー その3 | トップページ | お握り弁当 »