無料ブログはココログ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

書籍・雑誌

2015年9月20日 (日)

似てるけど違うのか?

新しい漫画作家さんを開拓した

篠原ウミハル さん

「図書館の主」

という作品を描かれてます☆

どこかで見た絵だなあ・・・?と
思ってたら
そうだ!
ロジックパラダイスの刑事漫画の絵に似てる!


調べてみたら

篠原栄

とある

・・・?あれ?違う人???
でも苗字一緒だし
違うペンネームで描いてるのかな?

佐伯かよの さんと 新谷かおる さん
よく似てるなあ~でもどっちも好き☆

って思ってたら
ご夫婦だったということがあり

もしかしたらそういうのかもな~?なんて勝手に思ってます(^▽^;)

どなたかご存じないでしょうか?(◎´∀`)ノ

2015年9月 6日 (日)

間の悪いことに

予約したとたんに本屋で見つける

そんなことありませんか?(;´д`)トホホ…


2週間ほど前でしょうか?

ある漫画の単行本(いい年してって言わないでねえc(>ω<)ゞ)
近所の書店全部回ったけど

ない



どこも売り切れ
そんなに多くを入荷してないようだ

仕方なく
ネットで購入しようと
注文したら発行元に発注しなければ無いので
時間がかかるとの回答


待っていたけど
なかなか発送の連絡はない・・・


そうこうしてるうちに
たまたま入ったいつもはいかない書店に
あるのを発見!

ど・・・どうしよう( ̄○ ̄;)!

迷ったけど
注文してあるんだからもうすぐ
来るかな?と買わなかった

・・・こない~><

いったん注文を取り消して
本屋に買いに行こう♪

と思ったら

無くなってる~つД`)・゚・。・゚゚・*:.。


あうう(´・ω・`)ショボーン

もう一回ネット予約するかなあ・・・

それとも最後の本屋かなあ

「3-4日で入荷できます♪」
って言われたんだよねえ・・・

は~どうしよ(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

2015年7月23日 (木)

これだからやめられない☆

またまた本の話ですbook

夏休みに入り
小学校ではプール開放と同時期に
図書館(室)開放が行われます☆

以前は夏季のみの限定行事だったのですが
定期的に児童に書物に触れる機会を増やしたいということで
普通授業のある平日にも
図書館開放が行われていて
夏休みの図書館開放で募られたボランティアスタッフが
そのまま学校の図書ボランティア団体の創設メンバーとなりました☆

せっかく学校の図書に触れる機会が増えたのだから
ボランティアにも特典がほしいと言う意見で
学校図書を借りられるようになりました

以前はPTA向けの図書・DVD貸し出しもあったのですが
なし崩しになくなってしまったので・・・

で!今回以前からず~っと気になってた
あさのあつこ先生の

「バッテリーⅠ・Ⅱ」を借りてきました♪

主人公は12歳
小学生が中学生になる春休みから
話が始まります☆

野球少年の話ということくらいしか
知りませんでした

ぐいぐい引き込まれました

自分がしたいことをしたいようにするには
自分の力だけではダメだということ

まさに2人いなければ成り立たない
「バッテリー」

主人公は自分のこと家族のこと友人のことチームのこと
力いっぱい悩みます

Ⅱでは中学に入学して野球部に入部したものの
先生や学校の在り方、先輩との関係
良くも悪くも自分本位な主人公
当然生じる軋轢に
部活動事態を揺るがす事件まで勃発

早く明日になってⅢ・Ⅳを借りたい☆
(あ・・・これ水曜日の夕方書いて予約投稿してます☆)



小学校の図書と侮るなかれ

恋愛やいじめ、友人関係に悩むもの
昔自分が図書室で読んだものとは
明らかに品ぞろえが違う!!

ああ これだから図書ボランティアはやめられません♪
だって自分じゃ買いませんもんbleah



2015年7月19日 (日)

火花

電車がずっと止まってた昨日

夕方になって動き出すと出かけて行った旦那

深夜に帰宅した時には
「はい」
と1冊の本を手渡されました

私ならしてもらわない
紙のカバーをかけてもらった

「火花」

街中の大きな本屋さんにあったそうです☆

まだ全部読んでませんが

処女作とは思えないクオリティ☆

言葉のチョイスに
「ああ・・・語彙の豊富な人だなあ」
と感じます

まだまだ先があるので
雨の日曜日
読書と行きましょうかbook

2015年7月 7日 (火)

続きが気になって☆

続きが読みたくて早速ネット注文☆

150707_101531_2

ログ・ホライズン3,4

ちょうどアニメの放送分の前後にあたる部分に

さしかかりました☆

改めて本を読んでから見たら
表情の一つ一つにしっかりした意味があって
セリフで声に出さなくても
裏打ちされる情報が頭の中にあります

だから書籍はやめられません♪( ̄ー ̄)ニヤリ

2015年6月25日 (木)

親子でハマってます☆

先日注文した本book
火曜日にいつもの食材と一緒に届きましたヽ(´▽`)/
(配達業者が一緒だった)
冷えては無かったですけど( ´艸`)プププ

150625_081846

アニメから入ったんですけど
息子が
漫画もあるなら読みたいなあ♪
とかる~く要望してきたので
検索かけると
漫画ではなく
小説版があるじゃないですか♪

感想コメントを見ると
「アニメよりも詳しく描写されているし
主人公の心理表現なども
しっかりされている」
とのこと

本屋さんの会員カードの割引サービスが
期限が迫ってたのもあって
最初の2巻をネット注文
書籍は本屋で買う主義だったので
少しドキドキしました(*´v゚*)ゞ

到着した本は

ぶ・・・分厚い( ̄○ ̄;)!

文庫本を買うことが多いので
こういう装丁は久しぶり

それでも美しく詳細な描写は
アニメを知っている者にとっては
アニメの世界を更に裏付けるよい本だと思います

もしアニメを見てなくてもハマったかもしれません

宮部みゆきさんの
「ブレイブストーリー」のように

私は1日で2冊読み切り
息子は2日かけて読みました

普段このような長編小説スタイルを読むことが少ない息子は
最初は活字の多さに躊躇してましたが
とても満足して
続きを買ってねと頼まれています

古書ではないので私が買う本としては
比較的お高く(税込1080円)
いっきに全巻購入というわけにはいきませんでしたmoneybagsweat01

家計の切りつめを考えたら
一番に削るのは趣味の部門ですが
読書欲だけは削れない私たち親子なのでしたヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ



2015年3月24日 (火)

シリーズ終了

好きな小説の中に
和田はつ子氏の「料理人季蔵捕物控」シリーズがある

「雛の鮨」に始まったこのシリーズも
このたび
「あんず花菓子」(27作目)
で一旦終了とのことであった

この本を手に取った時
同じ出版社から出されている
髙田郁氏の
「みをつくし料理帖」シリーズ(こちらもシリーズは終了している)
と一緒に購入したもので
さしたる理由はなかった

しいて言えば同じ江戸時代の
料理を取り扱っているという点であろうか

前者は元武士の主人公が
士分を捨て料理人として生きながら
裏の顔(奉行の手先)を持ち
様々な事件の解決に奔走する

後者は大坂(当時の表記)から江戸に出てきた
娘がいろいろな困難にあいながら
料理を通じて成長していく物語である

話の中で何にひかれたかと言うと
料理の描写に尽きる

読むだけで目に浮かぶ
美味しそうな料理の数々
近所にこんな料理屋があれば
常連客になりそうだ

ただ江戸時代には
女が一人で食事処に行くことは

まれだったようで
行きたいなあと思いつつ
横眼で眺めるだけかもしれないsweat02

どちらのシリーズも終わってしまい残念ではあるが
また新たな作品に出合えるのを楽しみに
本屋巡りに精を出そうbook

2014年8月13日 (水)

趣味の読書の話

本を読むのが好きです

小説やマンガが主で

最近のお気に入りは
ともに和洋を問わず時代物


特に小説は江戸時代の市井物で
作家さんでいえば
山本一力さん
畠中恵さん
宮部みゆきさん
和田はつ子さん
髙田郁さん(かおるさんだったのですね ずっとミヤコさんと思ってましたcoldsweats01)


夕べ(今日か・・・sweat01)
深夜2時暑さで目が覚めて
ついIPで遊び
すっかり目が覚めてしまいました



昨日買ってあった本2冊
一気に読んでしまいましたbook


その1

天の梯(そらのかけはし)   髙田郁 著   ハルキ文庫

    みをつくし料理帖シリーズ 10冊目にして完結編です
   
    マンガにもなりましたが
    北川景子さん主演でドラマ化もされたので
    本は読んでなくてもご存知の方もおられると思います

    美味しそうな料理
    主人公に待ち受ける過酷な運命に立ち向かう姿
    周囲の人々の温かさ

    それらに惹かれてシリーズ刊行当初から読んでいました
   

その2

瑠璃の水菓子 和田はつ子 著    ハルキ文庫

    料理人季蔵捕物控シリーズの24弾

    元侍の料理人が町奉行の密命を帯び
    悪を成敗する

    正体を知らない周囲の人々との心温まる交流もさることながら
    工夫を凝らした料理の数々がとても美味しそうです





どちらの本も美味しそうな料理の描写が特徴的です
真似して作れるように巻末にレシピがのっていたり
作中で詳しく描写されています


実際に作った事は有りませんがbleah




結局朝まで過ごしてそのまま
朝食と旦那の出かける支度にとりかかりました